取り扱い商品

カラダ想いブレンド SOU KAI

メタボリックシンドロームが心配なあなた。"一杯のコーヒー"でカラダを想いやりませんか。

メタボリックシンドロームが心配なあなた。"一杯のコーヒー"でカラダを想いやりませんか。

東京薬科大学の岡希太郎名誉教授の指導のもと、健康効果が得られるコーヒー豆の種類、焙煎そして比率を研究し、それぞれの特長が最大限発揮できる成分ブレンドを開発しました。このカラダ想いブレンド「爽と快」は味・香りもよく、毎日美味しく召し上がっていただけます。「食べ過ぎ・ストレス・ウエスト」が気になる方にぜひおすすめしたいブレンドコーヒーです。

カラダ想いブレンド SOU

一度にたくさん食べ過ぎてしまう・甘いものが好きな方に

爽の特徴

浅煎成分ブレンドコーヒー。
ポリフェノールの一種「クロロゲン酸」を通常より多く含むように工夫しました。

ブレンドコーヒー 爽 100g
カラダ想いブレンド KAI

ウエストサイズやストレスでお悩みの方に

快の特徴

深煎成分ブレンドコーヒー。
コクと香りの成分として、深煎りだけのビタミンを多く含むように工夫しました。

ブレンドコーヒー 快 100g

※この製品は医薬品ではありません。これまでの疫学調査結果では「飲み続けることによって効果が現れる」ということが示されておりますが、飲み始めたらすぐに効果がでるというものではありませんのでご了承ください。

ご注文はワルツオンラインショップから承っております。オンラインショップはこちら。

メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドロームとは?

内臓脂肪型肥満によって、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病が引き起こされやすくなった状態を「メタボリックシンドローム」といい、日本における判断基準は腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上の場合とされています。これを放置しておくと動脈硬化を引き起こしやすくなるといわれており、腹囲が判断基準を上回ってきた段階で生活習慣を見直し、メタボリックシンドロームにかからないようにすることが、やがて起こりうる心臓血管系の病気を防ぐ最大の秘訣とされています。

甘いものが好きな方に、食後の一杯として

一度にたくさん食べ過ぎてしまいがちな方、忙しさからつい慌てて食事をしてしまう方に。糖尿病でも高血圧でもないけれど、甘いものが好きで糖分の取りすぎが気になる方、ウエストサイズが気になる、ちょっと太り始めたかなという方にも。食後に一杯の「爽」がおすすめです。
酸味のなかにもコクが感じられるのは、その香りとビタミンに富んだ深煎り成分のブレンドのお陰。食べ過ぎがちな方・甘いもの好きな方に特におすすめのブレンドです。

ストレスが溜まった方に、リラックスの一杯として

運動不足でウエストサイズが気になる方、日々のストレスが溜まっている方に。生活習慣病の三大要素は過食、運動不足、そしてストレスです。そのうち一つでも取り除くことができれば生活習慣病のリスクは十分の一まで下がります。そんな生活習慣病予防のサポートに「快」がお勧めです。
深煎りタイプの成分ブレンドでしっかりとした味わいが特長です。コクの深さは香りの成分が多い証拠。深煎りだけに含まれるビタミンB3を通常の約2倍含みます(当社比)。深煎りなのに感じられる爽やかさは浅煎り成分クロロゲン酸のお陰。ウエストサイズが気になり始めた方に特におすすめのブレンドです。

疫学調査から見た、コーヒーと病気の予防について

東京薬科大学名誉教授 岡 希太郎氏

東京薬科大学
名誉教授

岡 希太郎氏

日本を含めた先進国の疫学調査で、「コーヒー飲用と病気予防の関係」が調べられています。
下表のの数が多いほど、調査結果の信頼性が高いことを示しています。

★★★★★ 有用性が明確に信頼できる病気
★★★ 有用性が期待できる病気
 有用とはいえないが、悪くもならない病気

コーヒーが病気を悪くしているという報告はほとんど見つかりませんでした。そこで、この表のの数を参考に、自分にあったコーヒーを選ぶことをお勧めします。今回ワルツ社が発売した製品は、疫学調査結果から2型糖尿病を予防するために有用と考えられる製品です。

2型糖尿病 ★★★★★ アルコール性肝硬変 ★★★★★
高血圧 ★★★ パーキンソン病 ★★★
肝臓がん ★★★★★ うつ病 ★★★
ウイルス性肝炎の発がん ★★★ アルツハイマー病
その他のがん その他の炎症性疾患
慢性肝炎 ★★★★★ ウイルス感染症 ★★★
Copyright(c) 2008-2009 Waltz Co., Ltd. All rights reserved