脱臭剤にする

お部屋、トイレ、冷蔵庫内やゴミ箱専用の脱臭剤と数多く売り出されていますが、なにもわざわざお金を出して買わなくても、毎日の私たちの食生活から排出される食べ物の残りカスを上手く利用すれば、それぞれの食品が持つ特性で脱臭効果を発揮してくれます。無駄な買い物とゴミを減らせる一石二鳥効果!ここではコーヒーかすを中心に、他の食品も少し織り交ぜながらご紹介します。

「コーヒーかす」には優れた脱臭効果があります。抽出の終わったコーヒーかすを良く乾燥させたものは、さまざまな場面で脱臭剤として活躍してくれます。

コーヒーかす脱臭剤の作り方

  • プラスチックトレー(スーパーで肉や魚を買う時についてくるもの)にコーヒーかすを広げて、陽の当たる場所においておけば1日で乾きます。ただし、屋外は風に飛ばされてしまうことがありますのでおすすめしません。
  • 天日干し以外には、フライパンで炒って水分をとばす、電子レンジで水分をとばす等の方法もあります。電子レンジだと、水分をとばしつつ、電子レンジ内の脱臭効果も発揮します。
  • 十分乾燥させたコーヒーかすを、茶こし袋に入れます。
  • できあがったコーヒーかすの入った茶こし袋を、下駄箱や冷蔵庫、掃除機の中などに入れておけば、しっかり嫌なニオイを取ってくれます。

*茶こしの他に、ガーゼの中にコーヒーかすを入れても同様の効果があります。また、灰皿への利用時など、袋に入れずにそのまま使用する場合もありますので、その辺りは臨機応変に。

冷蔵庫の中のニオイに

コーヒー好きの方はご経験があるでしょうが、挽いたコーヒーを冷蔵庫にしまっておくと、他の食べ物の雑臭がついてしまいます。コーヒーは、他のニオイを吸収しやすい、つまり逆をとると脱臭効果があるのです。

  • 冷蔵庫の中のニオイの素がわかったらまず重曹(脱臭効果があります。)をふりかけ拭きとって準備しましょう。
  • コーヒーかす脱臭剤を、茶こし袋などに入れずにそのまま広口のビンや器に入れてふたをせず冷蔵庫内に置きます。(コーヒーを飲むご家庭では毎日コーヒーかすが出ますので、溜めておいて2~3日に一度交換すると良いでしょう。)

コーヒーを淹れた後のカスを干せば、脱臭剤として使えます。フィルターペーパーに入ったまま乾かせば、多少湿っていても大丈夫です。便器の後や灰皿の底にいれてやるとヤニのニオイも取れますし、コーヒーのほのかな香りがします。ゴミ箱の袋の底に入れておくのもよいでしょう。

台所のニオイに

  • 前述の冷蔵庫に利用した方法をそのまま、食器棚にも活用できます。
  • 油臭くなってきたフライパンには、湿ったコーヒーかすを空炒りするとニオイが取れます。ただし、炒り過ぎて燃やさないように気をつけてください。

下駄箱、靴のニオイに

足は体の中で一番汗っかきな場所です。帰宅して脱いだばかりの靴には、汗や湿気が充満しているのに、それをすぐに靴箱に閉じ込めたら、ものの2時間で細菌が増殖して悪臭を放ちます。

  • 脱いだ靴は、まずは通気の良いところで2~3時間ほど陰干ししてください。毎日同じ靴ばかり履き続けないで、3足くらいを交代で履くようにするのがおすすめです。
  • 良く乾燥させたコーヒーかすと、炒った塩、重曹を混ぜて、布でくるんで靴の中に入れてください。コーヒーかすの脱臭作用、塩の吸湿作用、重曹のカビ防止作用のトリプル作用です。さらに、ここにティーツリーやミントなどの精油を少し振りかけておけば、殺菌作用も加わって脱臭プラス水虫予防にもなります。

タバコのニオイに

タバコの煙やニオイは、吸わない人にとっては耐え難いものがありますよね。吸う人にとっても、吸った後の灰皿のニオイは、決して快適だとは言えません。そんなタバコのニオイに関するお悩みを少しでも和らげるために、コーヒーかすを再利用してみましょう。

  • フライパンを熱し、コーヒーかすの水気が完全になくなるまで焦がさないように弱火で煎ります。
  • サラサラになったコーヒーかすをお皿に移し、熱が冷めるまで待ちます。このコーヒーかすは空き缶にでも入れて保存しておきましょう。
  • 熱が冷めたコーヒーかすを、灰皿の中にまんべんなく、たっぷり敷き詰めます。 灰皿に敷き詰められたコーヒーかすにタバコの灰を落とすとあら不思議、普段の嫌なニオイがしません。また、コーヒーかすにタバコを押しつけて火を消しても、やはり消された後にする特有のニオイがしません。これはコーヒーの成分がタバコのニオイをしっかり吸着してくれているためです。また、車内の灰皿にコーヒーかすを入れておいても同様な脱臭効果があります。使用後は灰と一緒に捨てましょう。

*上記1~2の手順を省いて、湿ったままのコーヒーかすを使用しても、灰皿に入れておけば、脱臭効果があり、湿っているためにタバコの火も消えやすくなるという利点もあります。ちょっとフライパンで熱するプロセスが面倒だな、という人はこちらでお試しを。

掃除機のニオイに

  • 掃除機の集塵袋(ゴミパック)の中に、市販のにおい消しの代わりに乾燥させたコーヒーかすを入れればOK!ただし、乾燥が不完全だと掃除機の中でカビが発生し、更にニオイが出てしまう原因になるので要注意です。
  • 掃除機で吸おうとしても、ほうきで掃いてもなかなか取れない畳のほこりにもコーヒーかすが活躍します。
  • 昔の人がお茶がらを利用していた知恵を拝借して、お茶がらをコーヒーかすで置き換えてみると、なんとほこりがキレイに取れます!方法は簡単。コーヒーかすを畳に振り撒いて、ほうきで掃くだけです。部屋中にコーヒーの良い香りが漂う、温故知新のおすすめお掃除法です。ただし、過度に湿ったコーヒーかすは畳に色がついてしまう事がありますので避けてください。
Copyright(c) 2008-2009 Waltz Co., Ltd. All rights reserved