コーヒー豆知識

コーヒー豆の種類と味の特徴

ブラジル 適度な苦味を有する風味で、ブレンドの配合に最も多く用いられます。
コロンビア 甘い香りと円い酸味を有したコクで、最高の風味を生み出します。
モカ 甘い香りと酸味を有する、すっきりとした味わいです。
マンデリン コクのあるやわらかな苦味を有し、上品な風味があります。
キリマンジャロ 強い酸味と甘い香りがあり、ストレートで味わいたい高級品です。

コーヒー豆の種類と味の特徴

コーヒー豆と焙煎(ロースト)の関係

コーヒー豆は産地によって、それぞれ酸味や甘味、上品な苦味、コクのある風味などを個性として保有しています。
この個性を引き出すのが焙煎(ロースト)の役割です。時間や火力で個性の出方が違ってくるからです。
一般的に焙煎の時間が長ければ甘さと苦さが生かされ、逆に短ければ酸味が生かされてきます。

コーヒー豆と焙煎(ロースト)の関係

ローストの名称

ライト 極浅煎り
シナモン いわゆる浅煎り
ミディアム 標準的な焙煎
ハイ 中煎り
フルシティー やや深煎り
フレンチ 深煎り
イタリアン 極深煎り

コーヒー豆の保存方法

コーヒーの劣化の主な原因は空気に触れ、酸化する事です。古いコーヒーや抽出して長時間おいたコーヒーを飲むとすっぱいのはその為です。保存するときは、製品袋をそのまま使用し、高温多湿を避け、空気に触れないよう密封するのが基本です。コーヒー豆は非常ににおいを吸収しやすい為、冷蔵庫に保存する場合は、コーヒー豆に他の食品の臭いが移らないように気をつけましょう。

Copyright(c) 2008-2009 Waltz Co., Ltd. All rights reserved